太陽の光の筋をくっきりと撮影する方法!絞りをF5.6~F8に設定して、露出補正をアンダー気味にしてみよう。

太陽光の筋をくっきりと撮影する方法

風景写真で太陽の光をカッコよくオシャレに取りたいなら覚えておいて損のない撮影テクニックです。
雲の間から差し込む光の筋である光芒と、太陽の点光源をF22くらいまで絞り込むと発生する光条を撮影してみましょう。

太陽の光芒を撮影する方法

雲の切れ間から差し込む光の筋である光芒をシャープに写してみよう。
簡単なカメラの設定で光芒を綺麗に撮影することができます…

雲間から太陽の光が差し込むようなシーンに遭遇したら、F5.6~F8くらいまで絞ります。
そして露出補正を少し暗めにして露出アンダーにするだけで、光の筋が強調され神秘的な感じに光を撮影することができます。

太陽の光条を撮影する方法

太陽などの大きい点光源をカメラで撮影する時に、F22程度まで絞り込むと光条(絞り羽根の形状が点光源に反映する現象)が発生します。

太陽や夜間の明るい光などを綺麗にカッコよく撮影したい方にオススメの撮影テクニックです。

撮影の設定は、F値をF22くらいまで絞り込みシャープネスを高く設定することで綺麗に光条を撮影することができます。