ペットを可愛く撮影する方法!ペットを撮影するときのコツは絞り開放でパーツを強調して撮影してみましょう。

ペット撮影で可愛く撮影する方法

犬や猫などのペットを可愛く撮影する時のポイントは、目や鼻、耳などのパーツにピントを合わせて撮影するのがオススメです!
基本的には、目にピントを合わせて撮影することがほとんどです。

絞りを開放しすぎるとパーツ以外の部分がボケボケになり、何が写っているのかわからなくなるので、F値の調節が大事です。パーツ以外のボケ部分を考えて適度なF値に調節しましょう。

ペット撮影はパーツを強調するように撮影するのがポイント

ペット撮影では目にピントを合わせた顔アップの撮影が多くなりがちです…
犬や猫のペット撮影で可愛い写真を撮りたいなら、鼻のパーツにピントを合わせた撮影や肉球やシッポ、耳などのパーツにピントを合わせた撮影もオススメです。

鼻にピントを合わせた鼻アップの撮影では、ブサ可愛いペットの撮影ができるのでバリエーションのひとつとして覚えておきましょう。

人間とは違ってペットは寿命も短いです。
成長も早く一緒に過ごせる時間がとても貴重になってきます。
亡くなってから写真を撮影しておけばよかった、というような事にならないようにたくさん撮影しておきましょう。
ペットのいろんな表情や動きの一瞬を撮影することは、撮影の上達にも繋がります。