夜の工場撮影はシャープに写し出すことが重要です!工場の明かりで光条を発生させるとかっこいい印象になります。

夜景と工場をシャープに写し出す撮影方法

夜間の工場撮影は、シャープに写すことがポイントです。
絞りのF値はF5.6~11程度設定し、工場の明かりで光条(光の筋)を発生させるとより雰囲気がでてかっこいい写真に仕上がります。

シャッター速度を遅くして撮影するので、三脚はもちろん必須になります。
手持ちだとブレてしまうので、カメラを動かないように固定する必要があります。
光条を発生させるにはF値を絞り調整していきます。

夜の工場をかっこよく撮る方法

夜の工場をかっこよく撮影するには、ISO感度とシャッタースピードの設定も大事です。
シャッター速度を遅くする必要があるので、シャッタースピードを4秒くらいから徐々に遅くして綺麗に写るように調整して下さい。

ピントはライブビューで工場の明るい場所に合わせて撮影します。
シャッター速度を遅くして三脚で撮影するので、しっかりとカメラを固定して夜間の工場撮影に挑みましょう。