安定感のあるバランスの良い写真を撮るなら三分割構図で撮影しよう!写真が上手に見える最も基本的な構図なので覚えておきましょう!

安定感とバランスの良い写真を撮るなら三分割構図

構図の中でも最も使う頻度が高い三分割構図を覚えておきましょう!

三分割構図は、画面を縦横に三分割して交わる点やそのライン上に被写体を配置して撮影する方法です。
分割したラインの交わる点の部分に、ピントを合わせた被写体を配置したり、そのライン上に被写体を配置して撮影することで、とてもバランスの良い写真に仕上がります。

人物撮影などのポートレートでも、風景写真の撮影、料理の撮影などでも使える万能の構図なので、撮影に困ったときは三分割構図でとりあえず撮影してみてもよいかもしれません。

三分割構図の使い方とコツ

風景を撮影しようと考えたときに、写真に入る被写体をどう配置していいか迷うこともあるはずです。
風景写真の構図に迷った場合は、まずは三分割構図で試しに撮影をしてみよう。

三分割したラインの交点に被写体を配置したり、ライン上に風景の水平を合わせて撮影するだけでも、かなりまとまったバランスの良い写真になります。

三分割構図に適した被写体

三分割構図はほとんどの撮影で使える便利な構図になります。
特にポートレートや料理などのテーブルフォト、スナップ写真の撮影に適していると思います。
風景撮影でも大きな被写体や目立つ被写体があれば、三分割にしたライン上やラインが交わる点に配置して撮影しましょう!