インパクトのある写真を撮りたいのなら被写体を真ん中に配置する日の丸構図で撮影しよう!目立つ被写体を撮影するのに向いている構図です。

インパクトのある雰囲気を出すなら日の丸構図

日の丸構図とは、被写体をど真ん中に配置する構図のことで、日本の国旗のように見えるため日の丸構図と呼ばれています。
日の丸構図は撮影する被写体で印象が変わるので、目立つ被写体を撮影するときに使うとよいでしょう。
素人のカメラマンが撮影しがちな構図のため、写真がパッとしない感じになることもあります。
できる限り被写体そのものにインパクトのある時などに、日の丸構図で撮影しましょう!

日の丸構図に適した被写体とは

日の丸構図に適した被写体は、ポートレートや建物、花や植物、俯瞰で撮影する料理などがオススメです。
ピントを合わす被写体の周りに目立つモノが入ると、どうしても素人っぽい写真になることが多いので気をつけましょう!