カメラに興味を持ちカメラを仕事にしていきたいという方に写真で食べていく方法を紹介します!カメラで生計を立てる手段をまとめました。

プロカメラマンとしてカメラで生計を立てる手段

カメラにハマり、プロのカメラマンとして写真で食べていきたいという方にカメラで生計を立てる方法を紹介します。

カメラを仕事にすることを考えると、大きく分けて主に二つのカテゴリーにわかれます。
一つは商業フォトグラファー、もう一つは写真家というジャンルになります。

商業フォトグラファーというのは、クライアントからの依頼を受け報酬を得ることで生活するカメラマンのことです。
写真家というのは、自分の作品を売り生計を立てるカメラマンのことで日本で写真家として食べていける人は、ほんの一握りというのが現状です。

写真で食べていくチャンスを自ら増やしていこう!

カメラの才能やコネクション、運などもあると思いますが、カメラマンとして生活をしようと考えるのであれば現実的に商業フォトグラファーとしてカメラを仕事にする方法が手堅いのだと思います。
写真家として成功すると目標を決めてやる事も大事ではありますが、商業フォトグラファーをやりながらでも写真家として並行して行動すると良いのかもしれません。

商業フォトグラファーとしてカメラの仕事をするとなると、日本ではブライダルのウエディングカメラマンの仕事が多いのでまずはカメラの仕事を経験し、自分でカメラ仕事のジャンルを変更していくと良いでしょう!

カメラ仕事の経験が無い場合は一度カメラマンとして就職をして、経験を積んでからフリーランスとしてやっていきましょう。
他にもSNSで自分の作品をたくさんの方に見てもらうというアクションを起こしたりして、少しでも可能性を広げていったりもしないといけません。
インスタグラムを通して素人のカメラマンから、世界的にも有名なフォトグラファーに登り詰めたカメラマンもたくさんいます。

写真で食べていく方法をプロカメラマンが語る。

サンセットスタジオ TVのプロカメラマンである、ナカモトダイスケさんがYouTubeの動画で写真で食べていく方法を語られています。
プロカメラマンになった経緯や過程を説明した動画内容となっているので、カメラで生計を立てるという目標がある方は必見です。

独学でカメラを学び、プロのカメラマンとして活躍されているのでとても参考になると思います。