雨の日の濡れた被写体を撮影してみよう!雨の日はウェット感や映り込みを狙うと被写体にいい表情が生まれます。

ウェット感や映り込みを狙う雨の写真撮影

雨降りの日はカメラも濡れたりと撮影として敬遠しがちですが、雨の日の写真は被写体に独特な雰囲気が出て良い写真がたくさん撮れます。
雨の日だからこそ、いつもと違う出会える風景があるのです。

雨に濡れた被写体はいつもと違う魅力的な感じに見え、雨上がりの水たまりに映り込む風景もとても綺麗です。
木や花などの植物でも雨の日に撮影すると、ウェット感やしずくを撮影できたりもします。
スナップ写真やポートレートでも、ガラスについた水滴を写真に入れるだけでもいつもと違った雰囲気の写真になったりもします。

雨の日はシャッター速度に注意

雨の日は、晴天や曇りの日よりも薄暗くなります。
そのためにシャッタースピードが遅くなる傾向があり、手ぶれをしやすくなるので注意が必要です。
手ぶれを防ぐためにISO感度を少しあげて、雨の日の撮影に挑んで下さい。

雨の日の撮影 ホワイトバランス

雨の日のホワイトバランスの設定ですが、オートに設定すると青みがかった色を補正しすぎてしまい雨の日らしい雰囲気を損なうことがあります。
そういった場合では太陽光に設定すると見た目に近い自然な色合いに撮ることができま。
また蛍光灯や白熱電球に設定しても、青みが強調されて幻想的なイメージの写真になります。

雨の日は空を撮らずに地面を撮ろう

雨の日に空を写しても真っ白になり、写真の雰囲気があまりでません。
それよりも濡れた地面や水たまりの反射、水紋などの雨の日の雰囲気を写真に収めましょう!