光の存在感や明暗のグラデーションを表現したいならモノクロ写真を撮影しよう!モノクロ化することで影やシルエットが強調され形やパターンが浮かび上がります。

被写体の存在感が増すモノクロ写真の魅力

モノクロ写真にすることで色が失われますが、それによって光の存在感や明暗のグラデーションが現れてきます。
モノクロ化すると影やシルエットが強調されるので、被写体の質感や形、パターンを表現することができます。

モノクロ写真の撮影方法

モノクロ写真を作る方法は、カラー写真を画像処理ソフトでモノクロ化する方法とカメラの設定をモノクロモードに設定して撮影する方法とあります。

カメラの設定では、カメラ内機能の仕上がり設定からモノクロモードを選択するだけです。
画像処理ソフトで後からモノクロ写真に仕上げるよりも、カメラの設定でモノクロ写真が撮れるように設定し撮影時から、光や影を意識して撮影をしたほうがより素敵なモノクロ写真になると思います。

形やパターン、質感が浮かび上がるモノクロ写真

モノクロ写真の素晴らしいところは、色の情報が多すぎて被写体の形や質感を表現できないときに、モノクロ化することで影やシルエット、明暗のグラデーションなどで質感が出て形が浮かび上がったような写真に仕上げることができます。