天体写真の魅力のひとつでもある月の撮影をしてみよう!望遠レンズさえあれば簡単に綺麗な月の写真を撮影することができます。

天体写真「月」を撮影する方法

天体写真の撮影を始めるのなら、まずは月の撮影に挑戦してみましょう!
月は形や色などの表情が変わるので、撮影が面白く月写真の撮影の魅力にはまっていくと思います。

そんな月の撮影には、望遠レンズと三脚を用意しなくてはなりません。
望遠レンズの焦点距離は、フルサイズのセンサーを搭載したカメラで200mmくらいで、APS-Cサイズのカメラで150mmくらいあれば大丈夫です。

月は単体で撮影しても素敵な写真になるし、風景と一緒に撮影すれば月がアクセントになるのでより素晴らしい写真になります。

天体写真「月」を撮影する時のカメラの設定

月の写真を撮影する時は、撮影モードをマニュアル撮影モードに切り替えます。
絞りはF8あたりに設定し、ISO感度を400程度にします。

シャッタースピードは、満月で1/800、三日月や半月で1/400程度に設定します。
ホワイトバランスはオートに設定していても大丈夫です。
ただ月の色で写真の雰囲気も変えられるので、ホワイトバランスの設定は好みの設定を自分で探してみましょう。
太陽光や曇り、日陰に設定すればオレンジっぽい色の月に写るし、蛍光灯や白熱電灯に設定すると青白い感じの明るい月に写ると思います。
月が明るく写りすぎると真っ白な月になるので、少しマイナス補正にして撮影してみましょう。

あとは月にピントを合わせて撮影するだけです。
綺麗な月の写真に仕上げるコツとしては、露出補正を少しマイナスにしてコントラストを上げるとよいでしょう。

測光方式をスポット測光にして月を撮影

クレーターまで写った綺麗な月の写真を撮るために、カメラの測光方式を変えて撮影しましょう。
月を撮影するときにオススメの設定は、スポット測光になります。

月の写真は被写体と周囲の明るさが大きく違うので、スポット測光にして撮影すれば月の細部までしっかりと写すことができます。