あらゆる撮影シーンで「ISO感度」を使いこなそう!設定方法と使い方を紹介します。

ISO感度とは

カメラの撮影前に確認する作業の一つに「ISO感度」というものがあります。

ISO感度とは、カメラが光を感じる感度のことです。
ちなみにISOの読み方は、いそかんどと呼びます。

今回はこのISO感度の設定方法や使い方、どんなシーンでどう使うと良いのかを紹介します!

ISO感度の設定方法や使い方

ISO感度は、ISO100のように数値で表示され、カメラの光の感度を数値で確認することができます。
ISO感度の数値が高ければ高いほど、光の感度が良くなるので基本的には暗い場所でISO感度の数値を上げて撮影します。

ISO100、ISO200、ISO400、ISO800、ISO1600というような感じで数値を設定でき、夜間の撮影であれば数値を上げて明るく撮影できるように設定します。
撮影モードがオートになっていれば、暗い時に撮影すると自動的にISO感度の数値は上がっていると思います。

夜景を撮影するような状況では、ISO感度の数値を上げて撮影するのですが、ただ単純に数値を上げれば良いだけではなく、あまり上げすぎると画質が悪くなりノイズが入ってザラついた写真になってしまいます。
夜に撮影する時には、だいたいISO1600を目安に撮影しながら調整すると良いでしょう!
暗い部屋なんかでの撮影では、ISO400~ISO800のような感じで少しづつ写真が程よい明るさに撮影できるように調整すれば大丈夫です。