動き回る動物は、連写と高速シャッターで撮影しましょう!AFモードを「AF-C」に設定して動く被写体にピントを合わすのもコツです。

走る動物を綺麗に撮影する方法

動き回る動物などの被写体を撮影するときには、ブレたりピントが合っていなかったりする失敗を防ぐ撮影方法があります。

まずは走る動物や動く被写体を撮影するときには、高速連写機能を使いましょう!
更に、被写体ブレや手ブレを防ぐために1/250秒より速いシャッター速度に設定します。

動く動物にピントを合わす「AF-C」

高速連写での撮影とプラスして、AFモードを「AF-C」に設定しましょう!
「AF-C」に変更すると、シャッターボタンを半押ししている間、動く被写体にピントを合わせ続けることができるので、より撮影の成功確率もアップします。