一眼レフカメラの液晶保護フィルムを綺麗に貼る方法を紹介します!セロハンテープを使った裏技で保護フィルムを貼り付けるのがオススメ。

一眼カメラの液晶保護フィルムを綺麗に貼り付ける!

購入した一眼カメラの液晶モニターに、保護フィルムを綺麗に貼る方法を紹介します!
保護フィルムを綺麗に貼る裏技は、セロハンテープブロアークロス(保護フィルムに付属)だけあれば大丈夫です。

まずは、液晶からホコリや手の油分を完全に取り除く事が大事です!
液晶に付いた油分をクロスで完全に拭き取り、ホコリもブロアーで吹き飛ばします。
次に、保護フィルムについたシールを剥がさずに画面の四隅にしっかりと合わせて置きます。
保護フィルムの位置が綺麗に決まったら、セロハンテープを使って保護フィルムの上部だけをテープで固定しましょう。
保護フィルムをテープで三ヶ所くらい固定しておけば、シールを剥がしてテープで固定している上部からゆっくりと保護フィルムをパタンと下ろすだけでとても綺麗に貼れます。
セロハンテープで固定して隅をしっかりと合わせているので、ズレてしまう事もなく気泡も入らないように貼り付ける事ができます。

一眼カメラの液晶保護フィルムを貼る時のコツ

コツとしては、保護フィルムの粘着部分に触れずにシール部分をめくり、セロハンテープで固定した上部からパタンを保護フィルムを倒して指で液晶の上部から指で軽く抑えると綺麗に貼れます。
ホコリと油分を液晶から完全に取り除いておくと、気泡も全く入らずに貼る事ができます。

一眼カメラのモニター保護フイルムを貼りましょう